読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』

ゲーム

最近クリアしたゲームのレビューを行っていくつもりで書いていくシリーズ。今回紹介するのは『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』

f:id:STiGeo:20160731204949j:plain

『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』はインティ・クリエイツが開発。2014年8月にニンテンドー3DS向けに発売されたライトノベル2Dアクションゲームである。現在では3DSで体験版が遊べるほか、steam版(PC版)も配信中である。

SF系ライトノベル調の世界観で繰り広げられる、目まぐるしく入れ替わるスピーディな攻防とコンボの爽快感がセールスポイントの2D横スクロールアクションゲームである。

 

色々と書いたがロックマンX』『ロックマンゼロ』『ロックマンゼクス』を手掛けた会社・メンバーによる、完全新作2Dアクションゲームと把握しておけばOK。ゲームとしてもそれらと似ているところがある。

アクションにおける新規性に加え、プレイ中にキャラクターやボスとの会話が繰り広げられるライブノベル、条件を満たすとBGMが歌に変化するモルフォの歌といった新しい試みが行われている。

 

 

f:id:STiGeo:20160731211526j:plain

f:id:STiGeo:20160731211539j:plain

人類の中に第七波動(セブンス)と呼ばれる特殊能力を持つ者たちが表れ始めた近未来が舞台。
主人公、ガンヴォルトは能力者を管理しようと目論む大企業「皇神グループ」と敵対する施設武装組織「フェザー」に所属して戦っていたが、皇神グループに囚われていたシアンとシアンの宿す第七波動「電子の謡精(サイバーディーヴァ)モルフォ」との出会いによって運命が変わっていく……というのが大まかなストーリー。
 
このゲームの凄い点は、アクションは簡略化しつつも手応えのあるアクションとして進化させた点であろう。
 

f:id:STiGeo:20160730174930j:plain

何と言ってもダメージを与える方法が他のアクションゲームと比べて前代未聞。
銃撃(Yボタン)を当てることで相手をロックオンし、ロックオンした後は雷撃鱗(RもしくはAボタン)を発動し続けることで自動的にダメージを与えることができる。そのため、一度でも銃撃をヒットさせれば、安全地帯から敵を倒すことが可能だ。これがとにかく簡単で強力。
 
敵の攻撃によってダメージを受けるリスクを背負いながら攻撃を当てていくという、従来のアクションゲームの醍醐味の一つを大きく覆したのである。アクションゲームでありながらリスクを回避して、一方的に攻撃することができる。
雷撃鱗発動中は攻撃に加えて空中をホバリングしたり、敵の物理弾(ミサイルなど)を無効化することもできる。他にも電気を活用して様々な仕掛けを動かすなど、雷撃鱗は攻撃・防御・回避・謎解きに使う基本アクションであると同時に万能アクションでもあるのだ。雷撃鱗を使いこなすことがこのゲーム攻略する上での第一歩となる。
 
更に敵の攻撃を受けても電磁結界(カゲロウ)によってノーダメージでやり過ごしたり、攻撃や回避で消費されるケージは簡単操作(十字キーを素早く↓2回)で全回復……と至れり尽くせり。体力が0になっても確率でソング・オブ・ディーヴァ(モルフォの歌)によって復活&超強化されるという救済措置も。
 
このゲームを最初に知った時は「攻撃手段が強過ぎてヌルゲーかよ」と思っていたし、このゲームを遊び始めた当初もそれは変わらなかった。ゲーム序盤でチート扱いされるのも頷ける話である。
ただし、ゲームとしての難易度はアクションゲームとして高いバランスで収まっている。ゲーム全体が上記のチート性能を加味した上で作っているのはもちろん、ハイスコアを狙う遊び方が推奨されているのも大きい。

 

f:id:STiGeo:20160731174645j:plain

そのハイスコアの鍵を握るのが「クードス」である。画面左上に表示されている数字(1115の部分)がクードスとなる。これは敵を攻撃することで貯まる数値であり、高いクードスを維持することで加速的に獲得できる得点が増えていく仕組みになっている。しかし、クードスは敵の攻撃を受けると(電磁結界でやり過ごしたとしても)0に戻ってしまい。本来得られるはずのスコアも入手できなくなってしまう。
クードスは中間地点に触れたり下画面をタッチして使用するスペシャルスキルを用いた際に清算され、その時点でのクードスに応じたスコアを獲得できる。ちなみに、最大レベルまでロックオンして倒したり同時撃破することでボーナスとしてさらにクードスが加算される。
クードスが1000を超えると、BGMがステージ毎に用意されている歌に変化する。クードス1000を達成して、上手く清算することがランクSを超えるうえでの一つの指標になるのだ。
 

f:id:STiGeo:20160731174758j:plain

ここまで聞けばハイスコアを取るには「ダメージを受けずに同時撃破などのテクニックを駆使してスタイリッシュにクリアする」ことが重要だということがわかると思う。ここから更にクリア時間によって得点が上下する(最大1.5倍)ため、時間をかけない工夫が求められる。

最大ランクはSSだが、ランクAまでいけばそのステージのことをある程度把握できた証。Sランクが取れるころには十分にスタイリッシュな攻略法が確立されている筈である。
 

f:id:STiGeo:20160731213940j:plain

 ハイスコアを狙うとなると急にリスクを背負ったプレイングが必要となり、遊び方ががらりと変わってしまう。安全地帯から攻撃するのではなく、敵の攻撃を回避したり、ロックオンだけして飛び越えて別の敵をロックオンしたりと工夫も必要になってくる。
 

f:id:STiGeo:20160730174902j:plain

f:id:STiGeo:20160730174630j:plain

また、ボスも一癖二癖ある強敵ぞろい。弾幕STG顔負けの必殺技を放ってくるボスや、避け方を知っていないとまず避けられない必殺技を放つボス(電磁結界で回避は可能だが……)、2体同時に倒す必要があるボス、即死技を使ってくるボスなど強敵ぞろい。
初見だと前述したチート性能をもってしても勝つだけで精一杯……なんてことも。ハイスコアを目指すなら当然こちらもノーダメージを狙う必要があるので厄介極まりない。
 

f:id:STiGeo:20160731205015j:plain

本作はアクションがシンプルにまとめられている一方で、カスタマイズ要素が豊富。アクションの幅を広げるものからハイスコアへの道の手助けとなるものまで多種多様な装備を好きなようにセッティングすることができる。
上述したYボタンでのショットの種類や下画面をタッチして発動するスペシャルスキルの他には、レンズ、指輪、ペンダントという3種類の装備品がある。
 
スペシャルスキル以外はステージ内でも自由に変更することが可能なので覚えておこう。
 

f:id:STiGeo:20160731212051j:plain

レンズ、指輪、ペンダントは道中で手に入れた素材とお金を使用して開発することができる。個人的にお勧めなのが空中ジャンプが出来るようになる「飛翔の指輪」、これがあると敵の攻撃を回避するのが非常に楽になるのと仕掛けを飛び越えやすくなるのでおススメ。
 

f:id:STiGeo:20160730175555j:plain

ペンダントの説明で勘違いしやすいが、作中のセリフだと初期装備の「フェザー製ペンダント」以外では電磁結界(カゲロウ)が使用できなくなるような書き方がなされているが別にそんなことはない。
使えなくなるペンダントには明確に「電磁結界が使えなくなる」と書いてあるので、説明文を読んだうえで安心して装備を選んで欲しい。
 

f:id:STiGeo:20160731204158j:plain

f:id:STiGeo:20160731215529j:plain

f:id:STiGeo:20160731204208j:plain

 このゲームは冒頭でも述べた通りライトノベル2Dアクションゲーム」である。そのため、世界観をライトノベル風にまとめ上げつつ、道中でストーリーが展開される。
 
ステージ選択前の画面ではシアンとの会話を行えるほか、ステージ内ではガンヴォルトとガンヴォルトを支援してくれる施設武装組織「フェザー」とのやり取りを通してステージが進行していく。
 

f:id:STiGeo:20160731221649j:plain

会話を聞けば今起きている状況を把握することができて、攻略法も自ずとわかってくる。どうやって進むべきか困ったら耳を傾けてみるといい。
 

f:id:STiGeo:20160731211710j:plain

f:id:STiGeo:20160731211729j:plain

ステージの最後にはボスが待ち構えており、戦いながらボスとのやり取りが行われる。味方も敵も所々で個性的なセリフを放ち、物語を大いに引き立ててくれる。大体最後にはガンヴォルトが「迸れ! 蒼き雷霆よ(アームドブルー)!!」と決め台詞を放つ辺りが王道テイスト。
 
テキパキ進められるようになると話を聞いている暇もないので時にはのんびり進めて会話を楽しむのも一興である。
 
 

f:id:STiGeo:20160731211844j:plain

作中屈指の問題発言。
 
難点としては、初心者に向けて救済要素が多数用意されているのは確かだが、それでも中々手ごわい難易度のアクションゲームとなっている。その辺は体験版が配信されているので、少し遊んでから購入を検討すると良い。体験版のセーブデータがあると製品版の初回起動時に御祝儀が貰える。
あと、戦闘中の会話は時折邪魔になることがあるが、そちらはXボタンで任意に消すことができる。
 
このゲームは真のラスボスを倒して真のエンディングを見ることで初めてクリアとなる。ということは当然表向きのラスボスがいるわけなのだが、真のエンディングを目指す場合は最終ステージを電磁結界(カゲロウ)が使えない状態でクリアする必要がある。当然、電磁結界なしで(表向きの)ラスボス倒する必要がある。ストーリーにも重きを置いているため、最後の最後でこういった難関が待ち構えている点は少し勿体なく感じた。
 
ただ、最終ステージ自体は短めなのでボス戦に慣れればそこまで難しいものではない。頑張ってボスの動きを理解した上でこの難関を突破してほしい。真のエンディングを見ないと一部で「あれっ?」と思うところがあるので、その謎を解き明かす意味でも頑張ってほしい。
 

f:id:STiGeo:20160731204448j:plain

 クリアを目標とするならば、ライトノベルを踏襲した道中の会話を楽しみつつ、ガンヴォルトのカッコいいアクションを堪能するだけでもOK。硬派なアクションプレイヤーはハイスコアを目指して何度も遊んで試行錯誤する楽しさを是非味わってほしい。
 
今年の8月には新作の「蒼き雷霆 (アームドブルー)ガンヴォルト 爪」の発売が決定している。本作と最新作がひとつになったパッケージ版も発売されるので、気になった人は体験版からでもいいのでぜひ手に取って楽しんでもらいたい。